◇【企業紹介】社員共育 西條タクシー(株) 代表取締役 西條 勝昭さん(郡山地区)

<同友ふくしま 2005年12月号に掲載>
200512-社員共育(西条タクシー).jpg掲載記事はこちら(582)をご覧下さい。



社員共育 西條タクシー(株) 代表取締役 西條 勝昭さん(郡山地区)


 昨年、前社長が会長に就任、30歳にして3代目の社長に就任し手腕を振るう西條勝昭さんは男前で性格も◎です。「ここ数年は特に労使関係が非常に良い」と話す西條社長に伺いました。

労使関係の歴史
 昭和38年に創業。開業のきっかけは昔から営んでいた精米業で使用していた3輪車を先代の社長が近所の結婚式などで新郎新婦をホテルまで運びご祝儀を頂いたことがタクシー業を始めるきっかけになったそうです。ちなみに当時の金額で、一回につき約2〜300円くらい!?頂いてたそうです。
 その後、銀行から融資を受け乗用車3台を購入しスタート。売り上げも右肩上がりで順調に伸び、法人として組織し初代の社長(勝昭さんの祖父)が就任。当時タクシー業界は様々な規制があり新規参入も難しい中、前社長(現会長)の積極的な行動力で業務認可をとり現在に至りました。
 その経過の中で西條社長としても欠かすことの出来ない話題が労使関係の問題でした。タクシー業界は全国組織の組合があり、相当数の会社が加盟しおります。当時景気が良かったこともあり労使折衝などはお互いの妥協点も見出しづらい環境だったそうです。先代の社長はそれを打開すべく銀行にも協力を得てストライキ対策に望むなど非常に思い切った改革を行いました。その結果現在の良好な関係が築かれてるのでないでしょうか…。西條社長曰く「タクシー業界の運転手はフルコミッションであるため、雇用契約の難しさ、会社の施策に対して協調を得られるかどうか等様々な問題がある。しかし!全ては話し合いです…。これからは首都圏の大手タクシー会社の進出も予想され本格的な淘汰の波がくるかもしれない。バブルの頃より収入が減ってきていることもあり、対立の構図から従業員の人達にも経営参画という意識の構図に変わってきていると思います。具体的には…

郡山初!デジタル式GPS・AVM配車システム導入
 取材に伺う数日前導入になりました” デジタル式GPS“って何?一度住所・名前・電話番号等登録すると次回から電話を掛けるだけで一番近いタクシーがすぐに迎えに来る?本当ですか?西條社長!「はい、以前はアナログ式でタクシーの現在地にも4〜500mのズレがありましたが、デジタル式は大きく修正されたため訪問時間の短縮や自動車事故の軽減に繋がり、引いてはお客様にとっては利便性の向上・会社にとっては囲い込みになります。この時期に導入した理由は4号バイパスの拡張工事に伴い静営業所の新築移転などがあったり、一番は導入に対する組合員(従業員)の方達の理解を得られたことでしょう。同友会に入会した数年前から他の会員さんより西条タクシーグループのタクシーに乗った際のクレームを直接聞く機会があり、それを機に運転手の人達には運転マナーの向上意識付けしてきました。最近はある程度の運転マナーの定着度合いが感じられるようになったことから、次の問題点として他社より配車のスピードを上げることを重視し導入に踏切りました。当社に限らず全体の売り上げの6割が配車によることから業界としても避けて通れない資本投下であり、これが出来るか出来ないかでこれからの生き残りの分かれ目になるのではないでしょうか…。」
 常に労使の対話を欠かさず、お客様のニーズに対応した結果会社と従業員の相互関係が良好に築けている西条タクシーグループを是非ご利用ください!
(レポート:柳原英樹 郡山地区広報副委員長)

  • 会社概要:西条タクシー(株)
    • 所在地:郡山市鶴見坦2-15-16
    • TEL:024-935-3311
    • FAX:024-925-2221
    • 事業内容:タクシー事業
    • 創業:1964年2月
    • 資本金:1,000万円
    • 社員数:153人

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷