■経営サポート情報


私たち同友会では、厳しい経営状況の中、社員と共に地域の中に存続し続ける会社づくりをめざしています。
一人で悩まず、仲間の経験と知識を交流して、この難局を乗り切りましょう!

◆MENU
●経営サポート情報 トピックス
●中同協ビジネス応援関連ニュース
●会員のみなさんへ・・・・知恵と経験を総動員しよう



経営サポート情報 トピックス

助成金・制度資金などの公的制度・施策について、中小企業家同友会全国協議会のwebのページを掲載しました。

中小企業経営の「あるべき姿」を考える・・・・危機を全社一丸で乗り越えた教訓は何か
【経済データを読む】就業形態別労働者の割合
口蹄疫問題に関する特別調査〜経営への影響「ある」66%【宮崎】
【経済データを読む】女性経営者のデータを読む
日本に中小企業憲章を根づかせよう・・・・「中小企業憲章」の閣議決定へ向けて
【経済データを読む】企業規模で大きな格差・・・・平成21年度中小企業実態基本調査速報より
中小企業白書 2010年版「ピンチを乗り越えて」解説
もう一歩踏み込んだ分析と時代認識を・・・・『2010年版中小企業白書』を読んで
同友会景況調査≪2010年1〜3月期≫価格値下げ競争からの脱却が課題〈経営上の力点〉
【同友会景況調査(DOR)概要(2010年1〜3月期)】景気の底(ボトム)は脱するも、収益は低迷
【経済データを読む】日本から見た中国 中国から見た日本
日本のものづくりの生きる道・・・・“ガラパゴス”からの逆襲
【経済データを読む】年齢階級別人口の推移と見通し
注目される日本の林業再生
【経済データを読む】事業所数の変化を見る
地域で望まれる中小企業団体のあり方・・・・ある委託調査に見る商工団体の現状
【経済データを読む】県民経済計算から地域づくりを見る
転換の先にある社会と暮らしを構想する・・・・ 元旦の新聞各紙の社説を読んで
【「リーマンショック」から1年、会員企業の影響と対策】あらゆる手段を追求するも、人員削減は優先せず・・・・大不況の中でこそ同友会型経営のさらなる深化を
望ましい企業間取引の事例紹介・・・・ベストプラクティス集
年末の資金繰りを支援・・・・中小企業向け年末対策
国などの入札情報が検索・閲覧できる・・・・官公需情報ポータルサイト
中小企業施策を知るために・・・・中小企業庁などによる情報提供活動
人材を育成し、雇い入れる事業主を支援・・・・実習型雇用支援事業
中小企業の円滑な事業承継を支援・・・・事業承継支援センター
中小企業の高齢者雇用を支援・・・・定年引上げ等奨励金
中小企業の省エネを応援・・・・中小企業省エネ施策利用ガイドブック
中小企業白書2009年版―イノベーションと人材で活路を開く
強い会社になるために・・・・中小企業ワーク・ライフ・バランス対応経営マニュアル
年長フリーター等の正規雇用を支援・・・・若年者等正規雇用化特別奨励金
雇用維持に努める中小企業を支援・・・・中小企業緊急雇用安定助成金
将来の資金需要にこたえる予約保証制度
中小企業向け貸出金の条件緩和をしやすくする・・・・金融検査マニュアル別冊の改定

⇒詳しくは、中同協のページをご覧下さい。



中同協ビジネス応援関連ニュース【メールマガジン】

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]


これまでのバックナンバー等、詳しくはこちらをご覧下さい。


会員のみなさんへ・・・・知恵と経験を総動員しよう

 世界的に金融恐慌が実体経済へ波及し、日本も百年に一度という経済危機を迎えています。中小企業においても製造業から全ての業種で、崖から突き落とされる状態で危機が広がっています。会内では、5割以上の大幅な受注減や今後そのような状況が予想される企業も少なくありません。

 会員の皆さん、どのような状態に直面しても一人で悩まないでください。こんな時こそ同友会の先達の知恵・実践に学ぶことが解決への早道です。
 オイルショックやバブル崩壊、阪神淡路大震災の時も、仲間の知恵を得て、先輩たちは乗り切ってきました。

 14年前の阪神・淡路大震災復興時に兵庫同友会は、企業再建に必要な情報を同友会に集中し、被災した会員を訪問し、まず再建計画書をつくることを伝えていった経験があります。

 この危機的情勢に的確に対応するため、中同協第3回幹事会は、会員のみなさんに以下の行動を呼びかけるものです。

すぐに手を打つべきこと
 困難な状況を打破する鍵は、現状認識を社内で一致させること、必要な情報の収集とすばやい行動、相談する仲間を持つことです。すぐに手を打ちましょう。

*早急な資金手当て 3月には金融機関が決算を迎えるため、さらなる貸し渋りが予想されます。現段階から資金手当てを行うとともに、売上半減からゼロまで想定して損益計算書を作成し、対応を考えていきましょう。財務体質を強化し、月次で収支を合わせ、徹底した減量経営に取り組みましょう。
*危機感の社内共有 危機感を社内で共有し、経営戦略の再構築・見直しと顧客作りに取り組みましょう。特に周囲に販売先を増やす取り組みをすすめましょう。
*会員間ネットワーク強化 会員間ネットワークの強化に取り組み、人的資源、商品・サービス、顧客・取引先を共有する取り組みをすすめましょう。
*全社一丸体制 社内で十分協議することでワークシェアも自主的に進められます。いまこそ全社一丸体制づくりに取り組みましょう。
*勇気を持って相談を 同友会を活用しましょう。一人で悩まず勇気をもって相談してください。まず事務局や支部の役員に一報して下さい。1社で解決できない問題を共に解決していきましょう。

福島同友会でも、こうした厳しい経営環境のもとで、これまで以上に
*自社の「存在意義」を再度確認する〔経営理念の再確認〕
*自社の強み・弱みを分析し、売上計画や資金繰りをリアルに見直す〔経営方針・計画を科学的に〕
*社員と共に地域にとって無くてはならない存在であり続ける〔社員と共に・・・・社員共育・共同求人〕
といった活動を深めると共に、会員企業からの各種経営相談にも機敏に対応してまいります。
また、「経営サポート室」を郡山地区に、「経営相談室」を福島地区にそれぞれ設置するなど、会員の皆さんの危機突破をサポートする体制をとっています。一人で悩まず、まずはお気軽にお近くの事務局又は地区役員までご一報下さい。

経営サポート室

郡山地区に設置しています。他地区の会員の皆さんもお気軽にご相談下さい!
⇒⇒こちらをご覧下さい。

経営相談室

福島地区に設置しています。
詳しくは、福島事務所までお問い合わせ下さい。



経営に関するご相談・お問い合わせは、最寄りの事務局・事務所へ!

福島県中小企業家同友会【所在地・連絡先】
会員募集中!・・・・あなたも同友会の仲間と共に、自社をパワーアップさせませんか?


7653

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷