企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「畑にあるもの何でもポリポリ」[(有)ニッケイファーム]

<同友ふくしま 2008年5月号に掲載>



郡山広報委員長の体当たり取材 」(有)ニッケイファーム :大竹雄一さん(郡山地区)

いつでも畑をご案内します!「畑にあるもの何でもポリポリ」

 桜が満開の少し暑いかな?と感じる日。風もなく絶好の畑日和。「まずは形から」と長靴ともんぺ姿に…「にしても似合いすぎです。橋本委員長」と声を合わせたのは本日同行の佐々木局員と体当たり初の緑川局員。

 広い畑にマルチにした黒いビニールの上に、枝豆の苗を1本1本植えていきます。「この1列ね」と、3人もいればすぐに終わるだろうとたかをくくっていたら、なかなか終わらない。そのうち足腰がジンジンしてきた1時間後、やっと1列終わりました。

 キャベツの収穫後にキャベツから伸びてくる茎(キャベツの芽)の採取。なんとキャベツは3回も収穫できるそうです。ビックリ。採取しながら採れたてを食べると甘くて触感が最高。こんなことできるのも無農薬の安心安全なこの畑ならでは。

  大竹さんのお母さん、弟さん、従業員の皆さんと一緒に自然の中で働くだけで心が癒されました。こんなに甘くて美味しい野菜を恵んでくれる太陽と自然の恵みに感謝。

畑にあるものすべてが食材
 「完全無農薬は非常に難しい。でも俺はやっている。肥料はオガクズ。殺虫剤、除草剤は使わない。とにかく問題は山積みだけど、嘘はダメ。やっていることしか言わない。とにかくここに来て、これを食べてみて」と言う言葉に、辺りに生えている草(ハーブ?)を片っ端から食べ始めている事務局員2名。「そこに生えているものなら何でも食材にできるから送ってきて」と、普通なら無茶な注文が東京赤坂の五星レストランから入ってくるのも納得。

洋服や車にはお金をかけるのに、どうして一番大切な"体"にはお金を使えないの?
  食べ物は体の基本です。長年食べ続けるものです。自然と体に蓄積されていくものです。自分だけで終わるものではなく、子々孫々まで続く人間の身体です。「とにかく新鮮でおいしく、そして適正価格で提供すること」がニッケイファームのやり方。� 注文を受けてから畑に採りに行って、大竹さん自らが消費者の手まで直接お届けに今日もバイクを走らせます。現在は飲食店が中心ですが、個人宅も最近増えているそうです。安心で安全なものを食べて欲しいという大竹家の想いが消費者に少しずつ伝わっている証拠ですね。大竹さんの「儲かっていないが、将来の自分の子供たちの代も安心した生活ができるために続けていきたい」という心からの言葉がささりました。
 本日のお届け先、陣屋の「宴庭燦」に配達に行き終了。採りたて野菜で舌鼓までして「もんぺ姿」から本来の姿に戻りました。皆さんありがとうございました。

(レポート/郡山地区広報委員長 橋本 敬子)

会社名:(有)ニッケイファーム
住所:郡山市大槻町字原田5-4
TEL:024-966-0213 FAX:024-966-0217 創立・設立:2002年7月1日


3322

◇【企業紹介】経営指針・・・・[(株)マザール](白河地区)

<同友ふくしま 2008年5月号に掲載>



経営指針 (株)マザール 代表取締役社長 鈴木成保さん(白河地区)


 白河地区として2回目の「経営指針をつくる会」が昨年11月から本年3月まで、毎月1回ずつ計5回の講座で行われました。この講座を通し、完璧ではないながらも自社の現状を踏まえ、今後の経営計画も含めて経営指針の成文化に辿り着くことが出来ました。
 念願の経営指針作成、これは地区の仲間たちのサポートがあってからこそ為しえたことで、自力ではとうてい出来なかったと思います。

同友会歴12年、経営指針づくりに本気で向き合う

 同友会の目的に「強靱な経営体質を作ろう」とあります。それを確立し、持続するために経営指針を作成し、実践することが不可欠であると気づいてはいたものの、なかなか着手できずにいました。では、どうして?経営指針が無くても経営してこれたから?私たち中小企業の経営者はどういうときに経営指針の必要性を感じるのでしょうか。私の場合、正直に申し上げますと、近年の経営環境が一段と厳しくなってきたからに他なりません。もちろん社内では経営戦略に基づき、具体的な経営計画を実行してきましたが、どれも行き当たりばったり。何か一本背筋が通ったもの(経営理念)が足りないことに気がついたからです。ちょうど社内でもマインドマップ(アイディアを広げる発想・思考支援ツール)をやってみようとの発案もあり、丁度良いタイミングかなと思いました。

「経営指針をつくる会」は共に学び成長する場
  成文化の枠組みに沿って作業が進められ、それぞれの人生(経営)哲学を語り合い、深めていくうちに新たな気づきも生まれました。受講生もアドバイザーもこの共同作業を通して、共に学び成長する場になったと誰もがそう感じたと思います。しかし、成文化した後、どう実践に取り込んでいくか課題は続きます。

会社概要
(株)マザール
所在地:須賀川市西川字山寺93-11
TEL:0248-63-2800  FAX:0248-63-2805
URL:http://www.mazar.jp事業内容:求人・販促・生活情報誌の発行、広告プランニング
創業:1991年1月  資本金:1,000万円  社員数:9名、アルバイト2名


3040

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



75613

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷