企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・1コマの中に、魅力あふれる世界づくり[(株)コーシン]

<同友ふくしま 2008年10月号に掲載>



 福島地区広報委員の体当たり取材! 「1コマの中に、魅力あふれる世界づくり」
(株)コーシン ストライク事業部 役員 笹木伸哉さん(福島地区)


 今回の体当たりは「1日アシスタントディレクター」です♪名前だけは聞こえが良いが・・・さて、どんな展開が待ち受けているでしょうか?

■ プロの技その1■ 掲載先に撮影へ行く
 ストライクという雑誌は、主に飲食店やショップ関係を中心に、街の中の情報を掲載しているフリーペーパーです。本日は、その中に掲載予定の居酒屋「和清茂」さんへ写真撮影へ行きます。
 挨拶を早々に済ませると、早速撮影を開始。まずは店内を見渡し、フインキ・明るさや照明を確認します。何処をどう撮影したら、雑誌を見ている人にお店のフインキを伝えられるのかを見極めるのもプロの仕事の1つなんだと納得・・・。
 撮影の場所が決まるとセッティング。衝立やディスプレイ用品の角度・照明の場所はもちろん、座布団の場所や箸の置き場所まで細かく指定され、いそいそと準備する古川。別部屋の撮影の際には、雰囲気ある火鉢を発見☆この火鉢を移動する笹木さん。一体どうするのかなと思ったら、中庭の前にディスプレイ完了。
 「ありゃ〜。なんとも言えず風情のある料亭風のお部屋に変身」すてき♥ 店内の撮影が終わると今度は、料理一品ずつの撮影に入ります。
 「店主さんが心を込めて丁寧に作り上げた料理の雰囲気を、どこまで伝えられるかが大切」と笹木さん。より美味しく見せるコツは、光の加減や料理の盛り方も大事、でもそれ以上に写真を撮る人の気持ちが大切なんですね。

■ プロの技その2 ■ 撮った写真を編集
 店内や料理の撮影だけではなく、人物も撮影する機会が多いそうです。今度は撮った写真のレイアウトにチャレンジ!普通に撮影した写真もみるみるうちに変化させることができ、これにはびっくり!デジタルカメラってすごい☆(のか時代の進化なのか?)撮影した人の特徴を捉え、魅力を引き出す・・・これもプロの技なんですね。

■ プロの技その3 ■ カメラを使って実践
  最後に写真を上手に撮れるテクニックを伝授して頂きました〜。カメラを手渡され結構重いななんて思っていたら、「このカメラ80万なんで扱いには気を付けて下さいね」と言われ、さらに重みを感じる古川(焦)
 ファインダー越しに見える物は、角度や位置・面の取り方によってまったく表情を変えるのですね。
 「目は口ほどに物を言う」ではないが、まさしく「写真は口ほどに物を言う」を実感。知れば知るほど奥が深い。

(レポート/(有)ティクレ 代表取締役 古川リカ)

会社概要
(株)コーシン
本社所在地:福島市北沢又字清水2番地の20
TEL:024-558-5250 FAX:024-558-5692
ストライク事業部所在地:福島市置賜町8-3あおいビル6F
TEL:024-521-2125 FAX:024-573-5181
創業:昭和60年6月 資本金:5,000万円 社員数:5名


3317

◇【企業紹介】経営指針・・・・[おく屋](会津地区)

<同友ふくしま 2008年10月号に掲載>



経営指針 おく屋 代表 松崎 健太郎さん(会津地区)


 2007年11月に入会、蔵の街・ラーメンで有名な喜多方からのハンデも何のその、グループ会、例会に積極的に参加・勉強されている松さんをご紹介いたします。

「愛される商品・愛されるお店・愛される人になろう」経営指針を創る会で、発見した自分の中に眠る言葉でした。

◆20歳の時独立
 私は20歳の時独立、観光地で、豆菓子専門の販売・企画・卸業を始めました。妻とパート数名の家内工業で、今年で13年目の個人経営者です。

◆同友会に入会
 いつも仕事の事を考え、良い案が出たと思っても結局同じ所をグルグル回っている。気づいたのは、自分には、経営者としての勉強が圧倒的に足りないという事でした。
 「勉強がしたい」学生時代一度も湧いてこなかった感情が燃え、それを察したかのように同友会を紹介して頂き入会しました。
 自分に眠る野望だとか、人生の価値観、社員とどうやっていくか、地域にとって自分の会社がどのような役割があるのか、どのような会社にしていきたいのかなど突き詰めて行く内に 、自分のやるべき事が具体的になってきました。

◆経営指針を創る会2回を終え
「愛される商品・愛されるお店・愛される人になるための3つの心」
一、私達は「感謝と思いやり」を持つ心でなければならない
一、私達は「地域農業・産業」 に貢献する心でなければならない
一、私達は「豊かである努力」をし、その上で、人に尽くす心でなければならない
 この理念の中には、商品の100%地産の目標による農業の発展、地域の名物を作ることによる産業(会津では、観光を意味します)の発展及び、働いてくれている各個人の豊かさ、それに向かう努力をするという、気持ちが込められてます。 感謝と思いやりを忘れない、当たり前の事を当たり前に出来ない世の中で、きちんと心に刻み実践する事で本物の「愛される」になると思っています。
 これから残る3回は、いよいよ情熱の中に、確かな確信を得る為の、決算書の見方や経営計画書の作成に入っていきます。パソコンと数字とのにらめっこになりますが、今まで逃げてきた事なので、しっかり取り組んでいきたいと思います。講師の方々や一緒に勉強されている仲間の方に支えられ、教えられ、楽しく学んでいきます。これから法人にしていく過程で自分を知る機会を得た事はすごく有り難いことです。
 これからも、おいしい地産の豆菓子、会津ブランド豆作りに情熱を注いでいこうと思っています。 この度の急な依頼に快く引き受けて頂いた松さんに感謝申し上げます。

(レポート/(有)丸サ印刷所 佐瀬 隆)

会社概要
おく屋
所在地:喜多方市長面3074-13
TEL:0241-25-7915 FAX:0241-25-7915
事業内容:豆菓子・お菓子商品企画・販売卸業
創業:1997年4月資本金:300万円社員数:1名


2572

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



74894

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷