企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・食の安心・安全を守る現場へ突撃[(株)いわせ食品]

<同友ふくしま 2009年2月号に掲載>



体当たり取材 (株)いわせ食品 代表取締役 渡辺 松重さん(須賀川地区)


須賀川地域の元気企業なのです
 いわせ食品では、主として業務用焼肉のタレと鍋用スープの製造を行っています。現在の冬期シーズンでは、鍋用スープが多く出ます。また、景気後退による影響で外食を控えて一家で食卓を囲む機会が増える傾向にあり、鍋用スープの需要が増大、売上は昨年対比の60%増となっているそうです。現在は需要増に対応するため、24時間体制で工場が稼動しています。72種類ものアイテム数を計画通りに製造しています。1日の工場全体での総生産量が約40tで、発注元への1日の製品出荷数は5〜6万パックになるそうです。

工場内に潜入しました
 今回は、鍋用スープの生産現場を取材しました。まずは白衣と長靴に着替えます。消毒液での手洗い、ローラーによるほこり取りはもちろんのこと、エア・シャワーで仕上げとなり、やっと作業エリアへ入室できます。完成品の重量が基準の値よりずれてしまうと、その製造した1ロット全体が出荷できなくなるため、下味の各種調味料の計量・調合、具材の野菜の下処理の時から精密かつ徹底的な管理が始まっています。
 製造ラインは、材料から完成品を順序立ててスムーズに出荷まで行うシステムになっています。大きな蒸煮釜での調理、自動充填機による袋詰め、加熱加圧殺菌によるレトルト殺菌、そしてX線による異物検出を通り抜けた後は、微生物検査と分析といった化学検査を経て、箱詰めして出荷となります。各工程には担当の社員がつき、計画通り正しい規格のものが流れているか、ラインに異常はないか、といったことを常に目を光らせているのです。

渡辺松重社長に聞く
 「会社は社長一人で回せません。社員が思いきり働ける条件つくるのが社長の仕事です。」「モノづくり、特に食品は同じレシピでできるもの。場所にしてもどこでも生産可能です。だからこそ、製造側が心を尽くすことが大事なんです。」
 社員が気持ちをリフレッシュさせ、やる気を充電させる場は家庭であるというのが松重さんの信念。良い仕事は温かい家族環境から…当たり前のことが大事なんですね。深く頷く和田広報委員長(意味深)。
「従来だと大丈夫だったことが通らなくなってきています。」食の安全・安心の要望は近年益々強くなっています。例えば、商品の賞味期限の印字が少しでも薄いと出荷できません。会社では年に1度、全社員参加の衛生管理講習を行っているそうです。昨年は、バス2台で東京に出かけました。

地域と共に
 社員の採用はもちろん、受注先から指定されたもの以外は極力地元から手配します。また、地元の学校から依頼される職場見学も積極的に受け入れています。
 渡辺社長といわせ食品の社員さん、お忙しい中、取材に大変丁寧に応じていただき、ありがとうございました。

(体当たり:須賀川地区広報委員長 和田太郎さん/レポート:事務局員 阿部雄飛)

会社概要
(株)いわせ食品
所在地:須賀川市今泉字並柳52-2
TEL:0248-65-2943 FAX:0248-65-2236
事業内容:業務用焼肉のタレ、鍋用スープの製造及び調味料のパッケージ業務
創業:1985年1月 資本金:1,000万円 社員数:30名(パート50名)


8647

◇【企業紹介】社員共育・・・・[(有)齋藤電工](白河地区)

<同友ふくしま 2009年2月号に掲載>



社員共育 (有)齋藤電工 代表取締役 齋藤吉勝さん(白河地区)


■新たな分野、高圧電気保守管理にも進出!
・・・・齋藤電工さんの事業内容を教えて下さい。
当社では、電気設備の施工管理業務と高圧電気保守管理、消防施設保守点検、省エネ・環境対策の仕事としての省エネ工事などを手がけています。
 特に高圧電気保守管理の資格については、数年前から取り組み取得することができました。おかげさまでこの部門は順調に動いています。取得のために仙台に14回も通ったこと、そのために社員が勉強して頑張ってくれたことも今となっては財産ですね。

■ まずは「安全第一」、そして感謝の気持ちを忘れずに
・・・・齋藤社長は社員さんをどうみていらっしゃいますか。
 わが社の社員は、いつもまじめによく頑張っていると思います。22歳から60歳までの10名、元気に頑張っていますよ。
 社員にいつも伝えているのは、「安全第一」。交通安全と仕事上での安全は何と言っても必要不可欠なことです。そして、「感謝の気持ちを忘れずに、挨拶・人との接し方・素直な心を持とう」、ということも常々言っています。

■社員共育…5年後・10年後を見据えて人材を育てていきたい
・・・・実際になさっている社員教育は?
 2003(平成15)年に「行動指針」を作成し、「お客様第一」「小事徹底」「勤勉」「繁栄」「率直」という言葉をテーマに、社員の皆さんと一緒に共有できるよう取り組んでいます。
 その他、朝礼の際に狄場の教養〞という小冊子を順番で音読し、感想を述べ合うという事もしています。基本は人間力、というか道徳だと思います。
 こうした取り組みが5年後・10年後に、雑草のように芽が出てくれば良いのかな、と思っています。

■これからの時代…社員と共に原点に返ろう!
・・・経営環境が悪化する中で、今後はどんなことに取り組んでいきますか?
 一からのやり直しだと思います。先入観を捨てて原点に戻り、基礎を再構築していかなければいけないと思っています。私自身も、同友会をはじめ元気のいい方とお付き合いして、元気の素を盗み自分も元気になっていきたいですね。
 厳しい時代ですが、社員と共に元気さと笑顔だけは忘れずに頑張っていきたいと思います。

 笑顔でハツラツとお話いただいた齋藤社長。私自身も、この厳しい環境を乗り越えるためのヒントをいただき、とても元気になれた気がします。お忙しい中、ありがとうございました。

(レポート/白河地区広報委員・(株)タカラ福島工場大竹寿彦)

会社概要
(有)齋藤電工
所在地:西白河郡泉崎村北平山字中島130-1
TEL:0248-53-2914 FAX:0248-53-4566
事業内容:電気・設備工事、高圧電気保守管理、省エネ・環境対策業務
創業:1990年2月 資本金:800万円 社員数:10名


4212

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



73555

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷