企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「快適環境をコンクリエイト」[(株)ダイイチ]

<同友ふくしま 2009年4月号に掲載>



体当たり取材 「快適環境をコンクリエイト」 ダイイチさんに突撃
(株)ダイイチ 代表取締役 下河邉行高さん(相双地区)


自分の仕事と共通点がいっぱい
 今回の体当たり取材は相双地区の担当であります。この機会に、同じ浪江町のダイイチの下河邉さんの工場へ突撃しました。実は体験者のわたくし鈴木の会社とダイイチさんは、常磐線の線路をはさんでお向かいさん同士であるのですが、実は中にお邪魔するのは初めて。さっそく下河邉さんの案内で中に入りました。
 中を案内されて、まず驚いた事が、わたしどもの仕事の設備が、似ておった事です。体験者の鈴木も実は製造業者であります。私どもの会社は製麺業ですが、ラインとしてあるのが、ミキサー、形を整えるための成形機、プレス機、切り出し機、なんとボイラーもあるのです。加工するのが、小麦粉なのかコンクリートなのかの原材料の違いだけです。これは実に面白い発見でした。
 例えばU字溝などのコンクリート2次製品の製造過程はというと、原料のコンクリートをこね、型枠に流し込み固めるという一連の作業があり、型枠からはずした製品のバリ取りなどを行い、形を綺麗に整えるのです。複雑な形のものや、特殊な所に設置するものなどもあり、アイテムがさまざまあるのだなぁと改めて驚かされました。

人と自然の未来を見つめ、信頼される製品をお届けします
 ダイイチさんでは、プレキャスト・コンクリート製品の製造、供給を通じ地域社会に貢献を目指しています。品質を第一に推進し、品質の向上、安定した供給に努め、ダイイチの製品を信頼ある製品としてお客様をはじめとする皆様に、お届けする事が使命と下河邉さんはおっしゃっています。扱う商品が食べ物なのか何なのか、だけの違いであり、これは自分自身も全く同じ意見であります。
 ダイイチさんでは、21世紀のユーザーニーズを「人と自然の共生」と考えて、さらに自然に優しい製品づくりを目指しています。子供たちの将来のために、自然環境を守りながら誰もが安心して生活できる快適なまちづくり、生態系の保護を考慮し、自然と調和した景観づくりなど、これからの製品づくりには新鮮な発想と創意工夫が求められるとの事です。
 下河邉さんとは長い付き合いですが、こういった話をするのは実は初めてで、未来のまちは現在の景観とまったく異なるものになって来ることを創造して、楽しい気持ちになった有意義な取材でした。

(レポート:体当たり:(資)旭屋 代表社員 鈴木昭孝さん・相双地区広報委員長)

会社概要
(株)ダイイチ
所在地:双葉郡浪江町大字権現堂字矢沢町50
TEL:0240-34-3943 FAX:0240-34-3170
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~d-1/info.html
事業内容:セメント二次製品の製造 創業:1969年3月 資本金:1,580万円 社員数:11名


3517

◇【企業紹介】経営指針・・・・[(有)ネットワークス](いわき地区)

<同友ふくしま 2009年4月号に掲載>



経営指針 (有)ネットワークス 代表取締役 馬上 雅裕さん(いわき地区)


経営指針を創りスタートラインに立つ
会社の方向明確に
 創業して12年目を迎え、昨年、県の経営労働委員会が開催した『第14期経営指針を創る会』を受講して経営指針を創りました。
 当社は平成9年にフリーマガジンを発行する会社として創業しました。経営指針を作るきっかけとなったのは、編集会議で「社長、会社の方向をはっきりしないとダメです」と言われたからです。
 長年、情報誌を作ってきて、どんなお店や会社を取材するのか、どう書くのか、どんな写真をとるか、デザインはどうするのか、その方向をしっかり再確認しようという発言でした。
 情報誌を編集していて、取材先は市内の良いお店です。当然、そこの経営者は素晴らしい方なのです。社員は取材先で素晴らしい経営者にお話を聞く機会が多く、当然のことながら自社と比較します。
 たとえば、コロッケを作って50年の老舗では「どんなに忙しくなっても、作りたてをお渡ししたいから作り置きはしない。身体がつづくかぎり、そうする」という話しを聞いて、コロッケの美味しさは店主の思いが作り出しているのを知ります。
 日常業務で『自分たちは何のために仕事をしているのか』と自問する場面があるのに、そのまま放置していたと思いました。
 会社の方向をはっきりさせるために、県の経営指針を創る会に参加して経営指針を創ろうと思いました。

同友会で経営指針を創る
 同友会に入会したのは、4年前でした。3年前に発足した「仲間の良いところを学ぼう」という研究グループに参加して、会津の太郎庵さんの経営計画発表会や小野町のアミゼさんを見学させていただいたりして、会社の向かう方向がはっきりしている良い会社には経営指針が必要だと実感していました。
 『経営指針を創る会』は郡山、会津、いわきの3会場で5回実施され、同友会の仲間が手弁当で経営理念、経営方針、経営計画作りを教えます。指導する仲間の情熱や強い思いのエネルギーが、初めて経営指針を創ろうとするメンバーの胸の奥を熱くして、出来る結晶が経営指針だと思いました。
 経営方針を創ったのは、良い会社にするスタートラインに立った事だと思います。レースはこれからです。
 経営指針を創って半年が経過し、不況の大波が見えている中で経営指針の見直しを始めました。来期の経営計画は社員と一緒に創りたいと考えています。

会社概要
(有)ネットワークス
代表取締役:馬上 雅裕(もうえ まさひろ)
所在地:いわき市泉町滝尻六枚内14-2
TEL:0246-75-0211 FAX:0246-75-0212
URL:http://www.matimd.com/
事業内容: 出版/情報誌『まちメディア』発行 編集/『朝日THE HEROES』編集、取材、制作 WEB/ホームページ制作管理販促/店内販促物のデザイン・制作
資本金:350万円


3331

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



74295

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷