企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「笑顔で一日店員!! 地域密着のコンビニを体験の巻」[(有)丸屋(セブンイレブン福商前) 福島地区]

<同友ふくしま 2010年2月号に掲載>



体当たり取材 「笑顔で一日店員!! 地域密着のコンビニを体験」の巻 (有)丸屋(セブンイレブン福商前)(福島地区)


 皆さんお久しぶりです。いつも記事を読んで頂いてありがとうございます。 今回もぜひ、最後までお付き合い下さい!

いよいよ体験
 誓いの言葉と接客六大用語を斉唱♪「売り場に入る時は、宜しくお願いしますと元気に挨拶しましょう」という齋藤オーナーの指示の基、いざ出陣!あまりに元気すぎて、お客様全員が振り向いてしまうハプニング(笑)
 気を取り直してまずは、商品の陳列。納品された商品をチェックし並べていきます。その日の入荷数に合わせ、陳列を考える。例えば、新商品は目につく所に陳列。同じ系列の商品は続けて並べていくなど…結構奥が深い(汗)しかも棚別に担当者が決まっていて商品の発注から陳列、在庫管理まで全部任せられているらしい(ひえ〜)売れ筋・天候・曜日によって商品の発注は大きく変動するので、これも日々の小さなかけ引きで棚別のオーナーが存在している感覚です。
 次にフェイスアップ文字通り商品を整えていく作業。在庫の欠品がないかチェックをしながら、一つずつ商品の並びを直していく。これが意外に地味で単調な作業(汗)しかし!フェイスアップ後の売り場は、見違えるほどキレイ(惚)陳列一つで売り上げが変わるってホントだなと実感(納得)

今度は、レジにチャレンジ♪
 最近はバーコードだから簡単かなと思いきや、ナナコやエディの出現で最近のレジは複雑・・・・アナログな私には、ついて行くのに精一杯(焦)こうして見てみると意外に固定のお客様が多い事に気づく。そういえば私もほとんど同じコンビニを利用する。お客様の身になって考えていく事が大切と齋藤オーナー。
 例えば、袋に物を詰める時も(スーパーでは買った物は自分で詰める)お客様が取り出しやすいように詰めるのはもちろん、まずは熱い物と冷たい物を一緒にしていいか尋ねる。そして小さな会話が生まれ、コミュニケーションに結びつき、そこから初めて信頼に繋がるんですよと教えて頂きました。小さな事の積み重ねが固定客に結び付く秘訣なのかもしれません。
 レジも慣れてきた頃に今日の体当たり取材は終了♪ 毎日変わらぬ仕事だからこそ、常に新鮮さを見出し日々の仕事に活かしていく事が大切なんですね。

将来の夢
 24年前、両親と営んでいた酒屋さん。時代の流れと共に先行きが見えなくなりコンビニエンスストアの経営を考える。家族で経営していた自分がオーナーになり、初めての経験ばかりで1日24時間あっても足りない毎日でしたと語ってくれました。65歳で息子さんに店を引き継ぎ、将来は海外で暮らすのが夢。
 これからは「気軽に御用聞き(配達)ができる店」を目指して行きたいとの事。いつも爽やかで笑顔がステキな齋藤オーナー、ご協力ありがとうございました♪

会社概要
(有)丸屋(セブンイレブン福商前)
所在地:福島市丸子字富塚23-1
TEL:024-553-8044 FAX:024-553-9846
事業内容:コンビニエンスストア
創業:1989年10月 資本金:500万円
社員数:社員1名、パート12名


2930

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「飯塚産業 ペットボトル回収作業同乗の巻」[飯塚産業(有) あだたら地区]

<同友ふくしま 2010年2月号に掲載>

本日は県内に幅広く、廃棄物収集運搬業の事業展開をしている二本松市の飯塚産業(有)さんの体当たり取材をさせて戴きました。

朝7時50分からの朝礼に参加
 「おはよう御座います」に始まり、本日の朝礼担当の原田さんが、まず「安全運転の心得」8項目を復唱、続いて「安全作業の心得」、「愛の五つの誓い」を全員で復唱の後、今日一日の作業と無事故安全を祈願して神棚に向かって一礼二拍で朝礼が終了。朝礼後に今日のスケジュールを全社員と息子さんの飯塚隆司専務・社長を囲み、仕事の段取りを決定。在社歴8年の遠藤さんの収集車に同乗して、作業のお手伝いをする事になり、早速駐車場へ案内してもらいました。

いざ出発!!
 出発前の車の足まわりの点検を始め、毎日の洗車は欠かさず、収集物のストッカーも、拝見しましたが本当にきれいに掃除している事には感心しました。普段乗っている車と違い、目線が高くリラックスした気分でスタート。

半日で18軒から回収
 信用金庫に始まり、おすし屋さん、スーパー、保険会社、飲食チェーン、JAみちのく安達の各営業所、コンビニエンス、と次々とペットボトルだけを訪問日を決めて回収。缶類やプラスチック・瓶系・生ゴミは別便で回収。1台で全て回収ではなく収集品別にした方が効率が良いようです。ビニール袋に入ったペットボトルをスケールパッカー〔回収物重量計〕に載せると瞬時に重さが計れ、その日の回収重量を契約事業所に伝票を発行してサインを戴くのが一連の仕事になっています。
 最後は自動販売機専門の営業所を訪問。ペットボトルは必ずキャップをはずして処分場に持ち込まなければならず、重量を測る前にキャップの付いているものを外し、これが結構時間を要するようです。 取材日は1月の寒い時期にも関わらず、暖かい陽射しに恵まれましたが、寒い北風の吹く日に一人でやらなければならない事を考えて見ると、大変な仕事のようです。
 世間一般的に環境問題がクローズアップされ、社会情勢・経済情勢がシビアに影響し全般に収集量が減少しているとのことです。1つの例として生ゴミの収集量を昨年12月と比較すると3・6トン減少しているそうです。

皆さんこの減少は何を表しているのでしょうか
 様々な観点で現実を直視し、考える必要を感じた体当たり取材でした。飯塚産業の皆さま、取材のご協力有難うございました。

会社概要
飯塚産業(有)
所在地:〒964-0811二本松市宮戸66
TEL:0243-23-4873 FAX:0243-23-8348
URL:http://www.nihonmatsu-cci.or.jp/yeg/kaiin/iizukasangyo/
事業内容:一般廃棄物産業廃棄物収集運搬業
創業:1967年11月 資本金:1,000万円 社員数:8名


3313

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



73540

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷