企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】経営指針・・・・(株)ネクスト情報はましん[いわき地区]

<同友ふくしま 2010年2月号に掲載>

最初に貴社の沿革についてお聞かせください
 現会長である私の父が、昭和32年に衂幼命景弘刷所として創立したのが事業の始まりです。当社は、印刷会社には珍しく早くからデザイナー、スタジオ設備、カメラマンを擁しています。地方ということもありますが、間口を広げておかないと仕事をいただけませんし仕事に厚みが出ないと思います。企画・デザイン・情報処理・印刷・製本設備にも力を入れてフルラインナップで仕事をしてきました。個々の部門を強化しつつ全体のバランスを取っていくのは難しいのですが、今で言うワンストップサービスを心がけてきました。仕事のエリアは地元がメインですが、千葉県に関東営業所を設け、首都圏から北関東のお客様に対応しています。

経営理念・指針はどの様に考えていますか
 当社では、「進取・信頼・総和」の3S理念の基に『4つの目標』と『5つの行動指針』を現在の会長が15年程前に策定しました。行動指針をグループ毎に毎朝唱和、目標を月曜日の全体朝礼で唱和しております。不変・究極の目標として作ってありますので、実行するのはかなりの困難が伴います。時代性に合わせ変更することも考えています。

社員教育はどの様に実行していますか
 新年度の会社目標を7月に作成し、それに基づきグループ長が8月にグループ目標を9月には個人目標に落とし込み、難易度と達成度により年間の賞与に反映させる仕組みにしてあります。10月には経営発表会を全社員出席で行います。また企業の社会的責任として環境配慮は、必要となってきました。「ISO14001」取得はその一環ですが、当社は環境ISOのマネジメントの中に、ミスやロスの削減も組み込んで品質管理にも役立てています。

会社内外のコミュニケーションはどうですか
 当社では地域とのコミュニケーション誌『TOMBO(とんぼ)』を発刊し、お客様や社員の家庭に配布しています。四季刊で86号まで発行しています。私は、顧客満足と同じように社員満足度も大切だと思っています。そのために、色々な仕組みを作っています。月次評価による『月間MVP賞』や社員が質問・疑問を1つずつ持ち寄る『社長に聞いてみよう会』という昼食会もそのひとつです。顧客や社員とのコミュニケーションをより一層深めていきたいと考えています。

会社概要
(株)ネクスト情報はましん
所在地:いわき市平下荒川字諏訪下36-1
TEL:0246-25-0111FAX:0246-25-0113
URL:http:/www.next-hamashin.co.jp
事業内容:PRパンフ・チラシ・社内外報編集・報告書、その他印刷全般・イベント販促品、HP制作及びメンテナンス
創業:昭和32年8月 資本金:2,000万円社員数:55名


2882

◇【企業紹介】経営指針・・・・(株)ニノテック[郡山地区]

<同友ふくしま 2010年1月号に掲載>

 郡山地区会員である佐藤正春さんの勤務する株式会社ニノテックを取材させて頂きました。 佐藤さんに取材を申し込んだところ、「経営指針は会長・社長共に意見を聞いてほしい」との強い申し出があり、同社の会長・社長も同席して頂き、とても詳しくお話を伺うことができました。

同友会とのかかわり
 当初、同友会へは会長である樽川次男さんが所属。4年前に同友会活動に素晴らしさを感じ、佐藤さん自らが名義変更を樽川会長にお願いし、ニノテックの顔として同友会に参加しました。

経営指針つくり
 佐藤正春さんは郡山地区で経営労働委員会の副委員長。今年度の経営指針を創る会に参加。その際、会長の樽川次男さんも一緒に参加しました。経営指針を創る会へは同友会会員のみの参加が通例となってる現在ではありますが、会長自らが会への参加を希望して頂けるところは、経営に対する謙虚で本気の姿勢が伺えました。

経営指針とは
 代表取締役社長の樽川啓さんは「樽川会長が今の会社をつくりあげてくれたから、今の自分の経営計画を作ることが出来るんです」と語ってくださいました。樽川会長からは、現在の経営指針の体系が「株式会社ニノテックの経営指針で(企業理念)は変わらないもの、(経営理念)は変わっていくもの と言う形で構成されています」とお話しされました。「経営理念には不易流行が大切な事で、時代にあった経営指針をつくって行くことが大切なんだと」と言う事を教えて頂きました。
 経営指針というと「一度作ればそれで完成」というイメージがありますが、時代や状況が変わればそれに伴って経営理念は変わっていかなくてはならない事をわかり易く説明していただきました。

経営指針の歴史
 株式会社ニノテックの経営指針という概念にはとても古い歴史がありました。それは、現在の社名になる前、二宮電気通信工業株式会社時代にさかのぼります。初代の社長(創業者)が社員の為に作った社員手帳にその全てを見ることができました。表紙にマル秘と入った社員手帳は総ページ数215頁からなり、内190ページにわたり社訓から心得までが入った会社の全てが存在していました。
 現在の経営指針も創業以来培ってきたものの、今現在での集大成だと教えていただきました。

ガラス張りの経営
 月次報告を含む会社経営内容を社内のイントラネットを使って社員はいつでも見ることが出来るようになっています。今はトップダウン経営とボトムアップ経営の両立が出来る会社を目指して社員教育も同時に頑張っています。取材させていただいて 株式会社ニノテックさんを取材させて頂いて、会長をはじめ皆さんがとても良い人間関係で構成されている企業だと感じることができました。
 会長をはじめ社長も佐藤さんも同じ方向を向き会社を運営していることが伺え、社員全員が迷うことなく方向性を見出せる企業とはこの様な企業の事を言うのであろうと思わせられ、とても勉強になりました。お忙しい中での取材にご協力頂き本当にありがとうございました。

(レポート/ 郡山地区広報委員長 大竹雄一)

会社概要
(株)ニノテック
所在地:本社/郡山市島2-44-2 仙台支店/仙台市宮城野区中野字腰廻73
    いわき営業所/いわき市好間町下好間字鬼越18
    福島営業所/福島市北矢野目字成田小屋12
    宇都宮営業所/宇都宮市下栗町2059-1 エイムビル304
    棚倉出張所/東白川郡棚倉町大字棚倉字下町45-1
URL:http://www.ninotec.co.jp/
事業内容:制御事業・計装事業・環境事業・情報通信事業
創業:昭和21年 8月1日 設立:昭和25年11月7日 社員数:166名


4591

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



74889

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷