企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】社員共育・・・・(株)ウエディング・エルティ[福島地区]

<同友ふくしま 2010年4月号に掲載>

社員共育 早川 一孝さん  (株)ウエディング・エルティ(福島地区)

年度末のお忙しい中、取材のお願いをしたところ、笑顔で引き受けていただのは、(株)ウエディング・エルティ 早川一孝さんです。福島地区では、例会等で利用させていただいているので、会員の方にはお馴染みです。早川さんは、福島地区では、研究グループ長として活躍され、大変人望の厚い方ですが、実際社内でどの様な「社員共育」をされているか尋ねて参りました。

■新人研修
 エルティさんでは毎年新入社員が入社されますと、部署関係なく決まって必ず接客業「実践現場」を経験させるそうです。何れ管理部門・営業・施工現場を担当される方も「実践現場」を体験させる事によってお客様と一体感が生まれ、そして将来直接的には接しなくなった方でも、お客様への感謝の気持ちと、笑顔を感じられるからだそうです。
■Passport For Happiness
 こう題された名刺位の大きさの見開きパスポートには、会社全体を一つにしようという思いが沢山詰った、大変貴重な物を拝見させて頂きました。 仕事の壁にぶつかった時、辛い時、思い悩んだ時、社員一人ひとりが必ず痛み苦しんでいるその胸のポケットからこのパスポートを見返し、壁を乗越えるのだそうです。
 そのパスポートにはお客様から地域社会、そして社員など全ての人々がHappinessになって欲しい。そんな思いが短い文章一つひとつに込められていました。
■野田町ゼミナール
 月に一度社長が講師をされ、社員共育としての場を業務外活動として行っているのが「野田町ゼミナール」 。内容は社長自らの体験談や、経営的な話等様々。曰く、教育とは教えている者も教えられています。喉が渇いた馬を水場に連れて行く事は出来ても、飲むかどうかは馬次第。どうしたら飲んで貰えるか、教えている者も共に学ぶ。という逆の観点にも驚かされました。このゼミナールは任意参加・業務外活動ともあって、グループワーク討論では上司部下関係なく皆平等。大変な意気込みを感じました。講師・社員全員での参加料500円は毎月積み立てられ、例えば突然襲ってきた災害等に寄付されるそうです。それを聞いて思い出すのが、「地域社会」の幸せを謳われていたパスポートの言葉でした。
■同友会での出会い
 早川さんは同友会についてこのように話してくれました。「様々な経営者との出会いは、考え方を豊かにし、経営者の立場と気持ちを理解することにつながりました。私がまだ経営者という立場でなかった頃は経営者と社員の橋渡しになるのに役立ちました。また、経営者は苦労されている方ばかりだと思いますが、それを決して表に出さない、そういう姿を見ると勇気づけられます。悩みを共有できる仲間ができたことも大きな力になりました。」
■取材を終えて
 お疲れのところ取材に快く応じていただきました早川さん 大変ありがとうございました。安全・迅速・コスト。そんな事だけの追求が求められている昨今、全社員含め全ての人の「幸せ」を追求している早川さんの話、大変影響されました。写真撮影にも快く応じて下さった社員の皆様もその「Happiness」が表情に出ているのが感じられました。 最後にパスポートに書いてあった社員心得の一部です。「今日の反省を明日の進歩へ結びつけよう。」私もぶつかったらこの文章思い出します。

(レポート/福島地区広報委員 藤井英昭)

会社概要
(株)ウエディング・エルティ
所在地:福島市野田町1-10-41
TEL:024-535-6188 FAX:024-535-6198 URL:http://www.wlt.co.jp
事業内容:結婚式場、宴集会
創業:1984年  資本金:3,000万円  社員数:100名


4329

◇【企業紹介】経営指針・・・・(株)西向建設工業[田村地区]

<同友ふくしま 2010年2月号に掲載>



経営指針 (株)西向建設工業 代表取締役 石井國仲さん(田村地区)


 地元をこよなく愛する田村地区会員、(株)西向建設工業の石井國仲社長にお話を伺いました。

犹纏"にこだわる
 「基本の考え方は、オール木材で日本建築の伝統を活かした、飽きのこない住宅をベースにした快適住空間を提供することです」と、石井さん。石井さんが特にこだわりを持っている工法を『羽目板工法』と言い、柱や構造材のみならず、屋根・天井・床・壁・建具材等の全木材に『羽目板凹凸仕様の福島県産材』を利用するとのことです。
 田村森林組合製材乾燥工場等と福島県産材の新用途に関しての研究を進め、それを用いた国内トップクラスの乾燥技術により、完成する住宅は、結果的にシックハウス除去や耐震効果を高めます。さらに、断熱性を高める事にも成功したそうです。

狄"にこだわる
 社員共育の面で一番こだわっているのは、お客様との受け答えのルール作りです。 「仕事はまともにやって当たり前。作業の現場で、いい人間関係と雰囲気をつくって欲しいと願っています」と語る石井さん。
 会社の印象を大切に思う姿勢の表れだと思います。過去にお客様から社員の受け答えが素晴らしいと感謝状をいただいた経験もあるそうです。まさに石井さんの思いは、会社の社風となりつつあるのだと感じました。

犧8紊寮鑪"にこだわる
 現在は、特に営業をかけているわけでもなく、長年の信用と人とのつながりの中で仕事を受注していますが、ホームページの作成等による営業力アップが急務とのこと。
 前述のこだわりを付加価値として捉え、適正な価格で評価していただけるお客様を開拓していきたいそうです。
 「昨今の不況により、今期の売上は最悪の予定です」と石井さんは言いますが、そんな厳しい経営環境に逆行して、中途採用で得意分野を持つ人材を数名採用しています。
 仕事がないからこそ、先行して人を増やして、仕事量が増えた後の仕組みづくりに着手していました。

同友会と私
 同友会には、田村地区の設立した3年前に入りました。
 「自分も色々な団体に入ってきましたが、一番いい会だと思います。すぐに仕事に結びつくものではないですが、自らの勉強になり、本音で話せる仲間ができるからです」
 「これまでも、会社の存続が危ぶまれる危機が何度かありましたが、そういう時は、仲間に助けられてやってこれました」と、石井さんは語りました。
 最後に、会社の経営理念について聞いてみたところ、「以前につくったもので、これから作り直そうと思っているんですよ」とはにかみながら見せていただきました。

(レポート/田村地区広報委員長 太田正一)

会社概要
(株)西向建設工業
所在地:田村市常葉町西向字中76-1
TEL:0247-77-2133 FAX:0247-77-2142
事業内容:建築・土木一式工事
創業:1966年(昭和41年) 社員数:13名


3315

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



74884

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷