企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】お元気ですか?・・・・(有)コーワ商事 郡山地区・後継者塾]

<同友ふくしま 2010年10月号に掲載>



お元気ですか?・・・・(有)コーワ商事 代表取締役 香西良浩さん(郡山地区・後継者塾)


 猛暑の和らいだ爽やかな風がそよ吹く八山田のある事務所を訪ねると、今回の取材の相手である香西良浩さんが爽やかに迎えてくれました。
 郡山市で住宅・ビル・工場をはじめ、あらゆる建物の窓廻り商品を主体に建築資材の販売施工を行っている有限会社コーワ商事の香西良浩さん。大不況からの回復の兆しが全く見えない建設業界の中で、企業存続のためV字回復を目指し奮闘する姿を取材しました。

■地域の企業間ネットワークで仕事が広がる
 「忙しいですか?」という質問に、「めっちゃ忙しい」と笑顔で答える香西さん。仕事は、数か月先まで埋まっているとの事。
 「仕事は、自らが自らの仕事で取る」がモットーになったといいます。今までなら元請け先に全てを託してきましたが、この時代においては元請け様だけに負担をかけられないと一念発起。「中小企業だからこそできる攻め方がある」と、既存の取引先を大事にしながら、自ら営業に飛び回るようになった香西さん。「こんな状況だからこそ、今までの取引先に恩返しが出来るのでは…」と、感謝の気持ちを口にする社長の姿には、自信が漲っていました。
 しかし、当然ながら建設・建築の全てを自社で賄うことは出来ません。そんな中で、同友会などの仲間の力が発揮したといいます。仲間で仕事をシェアし合う。同志で、同じ価値観で仕事が出来るという大きな発見をしました。
 さらに、仲間で仕事を紹介し合うことにより、お客様との距離がより密接になった点もメリットです。そのお陰で、お客様の声を直接聞くことができ、その声を仕事へ反映できるようにもなりました。

■全社一丸で危機突破へ…経営指針の重要性を痛感
 また、香西さんは改めて経営指針の重要さを感じているとも言います。この危機的状況を打破するためには、社員・家族が今まで以上に一丸にならなくてはいけない。そのためにも、この指針は唯一無二の存在であり、心の支えである。こう話す香西さんの顔には、これまで以上にお客様への想いや仕事への想いが表れていました。

6年前社長に就任した香西さん。この危機的状況をばねに、新たな挑戦をし続ける。お客様を愛し、会社を愛し、家族を愛し、地域を愛し、同友会を愛し、これからのますますの活躍が楽しみです。
(レポート/(株)ワタスイ 渡辺徳之)

会社概要
(有)コーワ商事
所在地:〒963-8052郡山市八山田2丁目81番地
TEL:024-925-4117 FAX:024-925-3700
URL:http://www.kowa.cc/
事業内容:サッシ,ガラス,アルミ建材,他
創業:平成元年11月
資本金:300万円  社員数:6人
香西社長のブログ/ http://www.kowa.cc/kousai


3896

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「(株)イシフクフタバ採石現場にて体験取材!」[(株)イシフクフタバ 田村地区]

<同友ふくしま 2010年9月号に掲載>



体当たり取材・・・・「(株)イシフクフタバで採石現場にて体験取材」 (株)イシフクフタバ 代表取締役 望月隆司さん(田村地区)


 今回は滝根みかげ石の採石・販売を行っている(株)イシフクフタバさんへ体当たり取材させて頂きました。
   常葉町にある事務所に着くと、望月さんに迎えられ早速、採石場へ向かいます。桧山高原へ続く道を進み、採石場の入り口の事務所でヘルメットを被り、いざ採石場へ!
 採石場に着くと、普段は近くで見ることの出来ない光景の迫力に圧倒されます。

大迫力の採石作業!
 採石作業といっても、山から石を切り出して原石から適度な大きさへの加工まで少なくとも3週間以上かかること、また、非常に高い職人技術や資格が必要とされ危険な作業の為、今回は原石の大割り作業、小割り作業の一部を体験します。(ワイヤーでは1屮ットするのに25分ぐらいかかるそうです。)
 まずは、あらかじめ側面をワイヤーで切断されている約20立方メートル(約53トン)の原石の隙間に、エアーマットを挟み膨らませ、原石との隙間を広げ、戻ることのないように石を間に詰めます。さらに広げた隙間から大型ショベルを使い押し倒します。重さ53トンもの石の塊が倒れる様子はまさに大迫力!
 次に小割り作業に挑戦。先程倒れた原石の4分の1の大きさに切断された原石をさらに半分の大きさにします。丁度真ん中になるようラインを引き、ラインに合わせドリルで穴を開け、クサビを打ち込んでいきます。なかなか上手く打ち込むことができずに苦戦しつつも、何回か打ち込んでいくと、叩く音がそれまでとは変わり真ん中から割れていきました。
 今回はワイヤーで石をカットしている様子を見ることができましたが、水平方向の切り離しと、安い値段でしか売れない原石を採掘する際には火薬を用いて行うそうです。(発破の際は危険なため見学は出来ません。)
 採石作業を終えると、小割りした原石は加工のため大型トラックに荷崩れしないように積み、加工工場へ搬出作業されます。(山から安全に運び出すのですが、とても危険な作業のひとつです。)

いざ加工工場へ
 採石作業を終え、加工工場を見学。搬出された原石は、寸法に応じて専用の大型カッターにて裁断されて墓石の原型となります。切断された石は、図面に従いさらに細かく切断、研磨され美しく磨き上げられます。さらに職人の手によって細かい加工・研磨が施され、美しい墓石の完成となります。

取材を終えて
 取材当初は霧がかっていた採石現場も私達が帰るころには晴れ上がり、まわりには建設中の風力発電用の巨大な風車が見えてきました。こんなに広い採石場から切り出された石材の中で墓石として製品になるものは約5%しかないそうです。さまざまな場所でなにげなく見ていた石の置物や墓石ですが今回の体験で大変な労力や時間がかかっていることを知りました。今回の取材では本当に貴重な体験をさせていただきました。

(体当たりレポート:田村地区広報委員 蒲生純一さん、撮影:同友会事務局員 七海拓也)

会社概要
所在地:双葉郡川内村大字上川内字日山501-1
TEL:0247-77-3849 FAX:0247-77-2974
事業内容:石材販売  創業:1979年7月  資本金:5000万円
社員数:5名


3024

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



73546

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷