企業紹介・・・・連載企画「体当たり取材」・「社員共育」・「経営指針」etc.

2008年2月号以降、当会きかんし「Do同友ふくしま」に掲載した会員企業の紹介ページを掲載しています。様々な切り口から、社員と共に・地域と共に奮闘する会員企業の経営実践をご覧下さい。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]

(以下はそれ以前のものです・・・・一部抜けている号がありますのでご了承下さい)

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

最新記事

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「元気印・勇三さんに学ぶ」[(有)菅野自動車商会  福島地区]

体当たり取材・・・・元気印・勇三さんに学ぶ  (有)菅野自動車商会 会長 菅野勇三さん

<同友ふくしま 2010年12月号に掲載>

 同友会に無くてはならない存在であり、また、ご意見番としても頼もしい菅野勇三さん。その経験の豊かさと、一所懸命に生きてきた中から学ぶことは山ほどあります。折に触れ、人生訓、社会訓、経営訓と学んだ人は数知れず。今回は、そんな菅野勇三さんの会社に体当たり取材しました。

物と人を大切にする
 まず会社へ行くと、「店は客のためにある」の看板が出迎えてくれます。感動してしまいました。
 次に菅野さんに会社内(倉庫など)をご案内頂き、説明を受けました。リサイクルでまだまだ使えるパーツがこんなにもあるのかと言う事に驚き、「同友会歴28年」に2度驚いた訪問でした。また会社創立から、現在に至るまで、人との出会いやかかわり合いなどを語っていただき、大変密度の濃い体験となりました。

業界の開拓
 現在、名古屋に「ビックウェーブ」という社名で本部があり、自動車補修部品の総合商社として全国の同業社とをオンラインで結び、自動車のリサイクル部品販売をする会社であります。
 今年は設立30周年になり、京都で4月に記念交流会が開かれたそうです。
 当時この業界は、キツイ、汚い、危険と、いわゆる3Kの仕事でした。それが30年前東京で行われた「日本自動車解体部品協会」の総会に出席した席上で、「若い者がこの業界の未来を何とか切り開いていかなければならない」と同志を募り、8名で若手青年経営研究会を結成したそうです。
 たちまちのうちに、明日への組織作りと邁進し、仲間での合言葉は「ロマンを持って男の血がさわぎ、社会が俺を呼んでいる!俺がやらねば誰がやる!」と、何とも熱い気持ちが伝わってくる話です。
 それまでのスクラップ屋のイメージを一掃して、中古車部品販売会社として社会的評価を高め、合わせて中古車部品の健全な発展を図るという目的ですから、正に今のエコ社会の先駆者と言って過言ではありません。その全国オンライン化を願い、夢実現の為走る走る!
 ついに昭和60年12月に待望のコンピューターの導入。そして全国自動車部品在庫情報網オンライン化に成功し、ビックネッツシステムの誕生です。社名通りビックウェーブとなったそうです。

 30年前の小さなパーティーから、声を掛け合い、夢と理想とを持ち、議論し、衝突もしたが諦めなかった。一人の小さな力がやがて大きな力となった、菅野さんご自身の生き方に繋がっているように思えた取材でした。
 貴重な人生訓をありがとうございました。

会社概要
(有)菅野自動車商会
所在地:福島市西中央4-101-1
TEL:024-534-7063 FAX:024-534-7068
事業内容:自動車補修部品の総合商社
創業:1964年5月
資本金:500万円
社員数:7名


2645

◇【企業紹介】体当たり取材・・・・「車検の完成検査に体当たり!」[(有)アセイ自動車工業 あだたら地区]

体当たり取材・・・・車検の完成検査に体当たり (有)アセイ自動車工業 代表取締役 安部吉典さん

<同友ふくしま 2010年11月号に掲載>

 本宮市の市街地から大玉村寄りにある(有)アセイ自動車工業に体当たり!

 まず作業前打ち合わせ。作業服でやる気満々の伊藤広報委員。完成検査工場前で安部社長と作業工程の打ち合わせを行い、いざ工場へ。
 今日午後納車予定の車の完成検査のお手伝い。まず車をピットへ、ピット内のラインの内側に車を寄せる。これがまた難しい。社員の渡辺さんからのご指導に従い第1の検査の前輪のブレーキテスト。次に後輪のテストを行い、次にサイドブレーキテストをします。検査機械により、検査データをディスプレイで確認してブレーキ検査終了。次にタイヤの角度を検査、基準値内に収まり合格。次の工程へ、ヘッドライトの検査。ここでは、ライトの向きの調整を行いました。渡辺さんから説明を受け調整完了。少しライトに触れただけで向きが変わってしまう事にビックリ!!
よく自分でライトの交換をしていましたが、こんな調整がある事を初めて知り勉強になりました。最後の工程は、排気ガスの測定検査。マフラーに検査器具を入れて測ります。検査基準値内におさまり合格。以上で完成検査のお手伝い終了。手伝いなのか邪魔しに行ったのか?でも良い経験が出来ました。
 「今はエコという事で基準が変わり、その為に検査機械も新しい機械に換えなければいけません。設備投資にお金がかかり大変です。しかし、私たちは安心安全をお客様に提供する仕事ですから」と、安部社長は笑顔で語ります。
 色々な最新の設備により自動化は進んでいますが、各所に最後は人の手でないと出来ない工程があります。機械では出来ないサービス等、人の手による技術・味わいと機械化・自動化による効率を上手く混在させなければいけません。地域になくてはならない会社を目指して、日々努力をして社員一丸で頑張っている姿が見られ、今日は良い体験が出来て、良かったと感じました。最後に、お忙しい中、取材に協力して頂き、誠に有り難うございました。

体当たりレポート:あだたら地区広報委員 伊藤裕一さん
撮影:事務局 佐々木香枝

会社概要
(有)アセイ自動車工業
所在地:本宮市本宮字一ツ屋62
TEL:0243-33-1720  FAX:0243-33-3301
事業内容:自動車整備、板金、塗装、車両販売
創業:1983年2月  資本金:500万円  社員数:7名


2757

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 ]


※著作権は当会に所属しますので、無断転載を禁じます。



75610

【良い会社をつくろう・良い経営者になろう・良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会


福島県郡山市清水台1丁目3-8郡山商工会議所会館5階
TEL.024-934-3190 FAX.024-934-3089

Copyright© 2014 Douyukai All Rights Reserved

トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷