トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷

BBS-田村地区活動報告2013/11

福島県中小企業家同友会・田村地区

MENU
●田村地区TOP● ●行事予定● ●活動報告●   ●組織・役員・活動方針●  ●地区広報誌「うぐいす」●   ●入会案内●  

2014年3月エリア合同例会 「経営理念を極める」

「経営理念を極める」
〜フルーツ文化創造企業を目指して〜
(株)青木商店 (郡山地区) 代表取締役社長 青木信博さんの報告
tamura201403-01.jpg201403_02.jpgtamura201403-02.jpg

 3月2日の日曜日、県中県南エリアの合同例会が初めて開催されました。日曜日の開催となりましたが、(株)青木商店の青木社長の報告は大変興味深く、大勢の皆さんが、日曜日を返上してでも参加して、報告を伺い討論し合えた事は意義深かったと思います。
 報告の冒頭で、テレビ局の密着取材をもとに製作された30分のDVD放映があり、とても感動的な様子に心打たれました。
 青木社長が長年地元のお客様に愛され惜しまれながら閉店する郡山駅前店、そして「フルーツ文化創造企業」を掲げ、新しく八山田でスタートしたフルーツショップ青木。青木社長が一番大切にしてきたお客様への思い、最高の状態で出すフルーツへのこだわりが、お客様の感動と健康に貢献するという経営理念につながっているのだと思いました。
 青木社長が率いる青木グループは、現在1、920名の社員で182店舗を運営しています。いつまでも「ぶれない気持ち」=「経営理念」があるからこそ、お客様に受け入れられ、成長していくことが出来るのだと学びました。青木商店では、現在、株式上場を進めており、将来は1、260店舗(人口10万人に1店舗)を目指し、社員が心を一つにして挑戦中です。将来は私たちの健康の番人として、青木さんのお店が各市町村に出来ることを楽しみにしています。

(レポート/(株)アイエスシー 伊藤一三)

◇活動報告・TOPへ◇