【良い会社をつくろう、良い経営者になろう、良い経営環境をつくろう】

福島県中小企業家同友会 喜多方地区

<MENU>  
●喜多方地区TOP ●行事予定 ●活動報告 ●活動方針・役員 ●会員募集中!

●同友会喜多方地区・活動報告●

地区例会の様子を中心に同友会喜多方地区の活動の模様をレポートします。


INDEX

★2014年度

[ 1 ]

★2013年度

[ 1 ]

★2012年度

[ 1 ]

★2011年度

[ 1 ]

★2010年度

[ 1 ]

★2009年度

[ 1 ]

★2008年度

[ 1 ]

内容はこちら

2014年5月例会 「原発事故で全てを失っても、針は天極を目指す!」

k201405_1.jpg

「原発事故で全てを失っても、針は天極を目指す!」
共同印刷(株) 代表取締役 鈴木充男さんの報告

 平成15年当時、「紙の出荷額〜東北6県を合わせても僅か2パーセント・・・・こんな狭い市場で商売をしていたのか!? 」鈴木社長が首都圏でDMによる伝票印刷を始めたきっかけだったそうです。印刷業界では敬遠されがちな伝票の印刷を外注という形で特化させ、リーマンショックも切り抜けました。しかし福島第一原発の事故により大熊町から強制避難を余儀なくされ、身売り先を探すまで追い込まれたそうです。しかし、お客様や社員さんの協力で事業を再開。何度も奇跡的とも思えるタイミングで目の前の難題が解決し、昨年郡山市に新社屋を完成させ、売上は6割まで回復。完全復活に向けて進み続けています。避難で辞めざるをえなかった社員さんが「私この会社辞めたくない!」と泣きながら訴えたお話には思わず込み上げるものがありました。避難した同業者の中でまともに復活した会社の数を考えたら、自分は運が良かったとおっしゃっていた鈴木社長。社屋や設備が新しくなり以前と比べれば夢のようだが、昔に戻れるのであれば戻りたいとのお言葉には、故郷を失うダメージが計り知れないものであることを感じさせられました。
 今年は「蛻変」というタイトルで行った恒例の経営指針発表会。やるべき事は確実にやる。それも明るく!そんな共同印刷さんは益々発展するに違いないと思いました。
 鈴木社長お忙しいところありがとうございました。

(レポート/おもはん社 冨田 心)

◇活動報告・TOPへ◇

2014年4月例会 「巨竜に挑む」〜100対10でのビジネスにおける戦い方〜

k201404_1.jpg

「巨竜に挑む」
〜100対10でのビジネスにおける戦い方〜
(株)ナプロアース 代表取締役 池本 篤さんの報告 (福島地区)

  ゼロからの創業、手元資金は5万円。目前には年商40億円のライバルが居る状況を想像して頂きたい。思わず冷や汗が滲むのではないか。自分が同じ立場だったなら、おそらく泣き叫び、自らの不運を呪うだけだったろう。
 しかし池本社長はそうしなかった。むしろ昂然と顔を上げて逆境に挑んだ。古今東西の経営書を読み漁り、その精髄を実践した。「NO1主義」「一点集中」「差別化」・・・ライバルのシェア70%という一見絶望的な状況を逆手にとり、業界の盲点をついて未開拓の市場を切り開いた。全国に同志を募って大同団結した。かくして池本社長は巨竜の如きライバルとの競争に克った。
 そこに2匹目の巨竜が襲いかかる。震災である。浪江町にあった社屋には今も入れず、社員は離散。現在の社員の90%は震災後伊達市に移ってからの入社組だという。
 しかし池本社長は屈しなかった。新天地での再起は成功し今年3月決算では過去最高の売上高を見込む。瞳を輝かせ、新規事業の夢を語る池本社長の次なる「巨竜」への挑戦はなおも終わらない。

(レポート/荒川産業(株) 荒川健吉)

◇活動報告・TOPへ◇

[ 1 ]

福島県中小企業家同友会・喜多方地区

■担当事務局■ 福島県中小企業家同友会 会津事務所
 〒965-0042福島県会津若松市大町2丁目14-12 宮森ビル2F
 TEL0242-32-1270 FAX0242-32-1271 mail:aizu@fdoyu.or.jp

0004001

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷