トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン 印刷

BBS-福島地区活動報告2014/3


【DO! Fukushima】
■HOME  ■活動報告  ■行事予定  ■お問い合わせ

●2014年6月例会 「内なる声を聴く」●

f201406_1.jpg

 神渡良平氏講演会「内なる声を聴く」
 講演者の神渡氏は1948年鹿児島生まれ、九州大学医学部中退後、新聞記者、雑誌記者を経て独立。38歳の時に脳梗塞により倒れ一時は半身不随になりましたが、必死のリハビリで再起。闘病生活中に「人生はたったひとつしかない」「どんな人にもなすべき使命がある」と説き、闘病中に起草した「安岡正篤の世界」がベストセラーになり、以後ベストセラーを生み出し講演や執筆に多忙となりました。
 今回のご講演では自身の経験や、神渡氏が影響を受けた中村天風氏や安岡正篤氏などの言葉を引用し「大いなる存在による、大いなる愛に気付くことの大事さ」「内なる声に素直に耳を傾けること」を講演の中で繰り返し説かれました。目標実現の為には「目標を達成しきった時の気持ちや姿を思い浮かべる事」「消極的な言葉を引用しない」など実践的な内容も盛り込まれ、講演は予定時間をオーバーするほど熱を帯びた内容となり、盛大な拍手をもってご多忙な氏への感謝といたしました。

(レポート/POPLA 竹内竜哉)


☆活動報告・TOPへ